複音ハーモニカの詳細

複音ハーモニカの概要

TOMBO NO.1521 特製トンボバンド

TOMBO NO.1521 特製トンボバンド

SUZUKI SU-21Humming

SUZUKI SU-21Humming

現在最もポピュラーなハーモニカです。

生涯学習の現場で使用されているハーモニカはほとんどこのハーモニカです。派生音の処理は半音違いのハーモニカ等で処理をいたしますので、複数本を同時に持ち演奏いたします。
私共の教室でも多くの方がこのハーモニカを学んでおられ、一つの穴に一つの音が配置されているため音が混ざりにくい特徴があります。

最初はC調からで、複数本を同時に使用します。

学ぶにあたり最初はハ長調(C調)のハーモニカを持ちその半音処理で嬰ハ長調(C#調)のハーモニカを使用いたします。そしてハ長調(C調)の平行調(同じ調号の長調と短調の関係)であるイ短調(Am調)のハーモニカを学んでまいります。この3本(C・C#・Am調)を初心者3本セットと呼んでおり、複音ハーモニカを学ぶ際最初に揃えておきたいのはこの3本がよろしいと思います。

メンテナンスし易いのは樹脂製モデルです。

ハーモニカは口をつけるものですので清潔にしておきたいものです。
樹脂ボディのハーモニカはビス止めされているのでドライバー1本でバラバラにすることができます。リードに唾が付着し音程を下げる原因になりますが、リードプレートを洗うことにより綺麗に落とすことができます。もちろんボディも水洗い可能です。代表的なモデルはトンボ・NO3521プレミアム21SUZUKI SU-21Hummingなどです。
それにひきかえ木製ボディはリードプレートが釘で打ち付けてありますので簡単にはばらすことは出来ません(不可能に近い)。カバープレートの水洗いは可能ですがそれ以外の水洗いはできません。

音色は木製ボディの方が好まれます。

ある程度上手に吹けるようになるとご自身の音の特徴(個性)というのが出てまいります。昔ハーモニカを習いたてのとき、先生の音色と私の音色が全く違うので、同じに見えるけど特殊なチューニングを施しているハーモニカを使っているのだと思い「先生のハーモニカと私のハーモニカは違うようです。」と先生(世界の森本恵夫先生です)に言ったことがあります。先生は「そんなはずないよ。貸してごらん。」といって私のハーモニカを吹いたら、私のハーモニカでも先生の音が出ました。私も先生も同じモデルを使用していたのだから当たり前と言えば当たり前なんですけどね(トンボNO1521特製トンボバンドです)。このようにハーモニカの音色はハーモニカの違いより吹き手の違いの方が大きいわけですが、ハーモニカによるところも少しはありますのでそれを説明いたします。
樹脂製ハーモニカは、個体差が少なく反射音も大きいため煌びやかな派手目な音色になります。また、息の弱い女性や年配の方でも大きい音が出せます。
木製ハーモニカは、倍音を本体が吸収しまろやかな音色になります。そのため音色は木製ボディの方が好まれる傾向がございます。
反射音が樹脂製に比べて少なく息圧により音量差が異なります。特にトンボNO.1921-Sイワサキソロ)のようなボディが薄いタイプは吹いたときの抵抗感がしっかりあります。息圧の弱い方だと表現力が狭くなってしまいますが、息圧が大きい方は表現力も大きくなります。お好みで使い分けるとよろしいかと思います。

投稿日:2017年3月31日 更新日:

フジクラハーモニカ教室とは

フジクラハーモニカ教室とは

 フジクラハーモニカ教室は、株式会社フジクラ楽器代表取締役・藤倉久典が主宰するハーモニカ教室です。埼玉県熊谷市を中心とした県北部で活動しております。 フジクラ楽器ハーモニカ教室、熊谷中央ハーモニカクラブ、大里ハーモニカ同好会、妻沼ハーモニカ教室、滑川ハーモニカクラブ等がその中核をなしております。

ハーモニカを買うならここ

ハーモニカ買うならここ

ハーモニカ・オカリナ等の通販・フジクラ楽器です。トンボ・スズキ・HOHNER等のハーモニカをお手頃価格でお求めになれます。在庫多数有りますのでお気軽にお問い合わせください。 埼玉県熊谷市に店舗があり、行田市・深谷市・東松山市・鴻巣市・羽生市・小川町・嵐山町・越生町などから多くの方にご来店いただいております。
no image

2017/03/31

活動報告